新潟で中古車、ドレスアップカー、カスタムカーをお探しならお任せ下さい!

Stock Car 新入庫車

平成31年 中期 日産 スカイライン【200GT-t タイプP】ニッサンインテリジェントモビリティ 柿本マフラー RS-Rダウンサス VOLTEC19インチ BLITZスロコン TVキャンセラー アラウンドビューモニター

ニッサンインテリジェントモビリティ 柿本マフラー RS-Rダウンサス VOLTEC19インチ BLITZスロコン TVキャンセラー アラウンドビューモニター

ニッサンインテリジェントモビリティ 柿本マフラー RS-Rダウンサス VOLTEC19インチ BLITZスロコン TVキャンセラー アラウンドビューモニター

4-4

税込価格 234.8万円

本体価格 213.4万円

ニッサンインテリジェントモビリティ 柿本マフラー RS-Rダウンサス VOLTEC19インチ BLITZスロコン TVキャンセラー アラウンドビューモニター
ドレスアップ・カスタムもお任せ下さい

【新車価格】
¥4,433,400

【200GT-t タイプP特別装備】
NISSAN Intelligent Mobility
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・ブラックグリル
・イルミネーション付グリルエンブレム
・パーソナルドライビングポジションメモリーシステム
NissanConnectナビゲーションシステム
・スカイラインホログラフィックサウンドシステム(CD一体AM/FMラジオ、6スピーカー)
・インストルメントパネル内車両情報ツインディスプレイ(8インチワイド&7インチワイド)

【純正オプション】
・NissanConnect通信アダプター

【社外品】
柿本改Class KR リアピースのみ ¥143,000
RS-Rダウンサス
InterMilanoVOLTEC HYPER MS-7 19インチ
BLITZTHRO CON-スロコン ¥44,000
DataSystemTV&ナビキットNTV413 ¥19,800(税抜)

平成29年12月マイナーチェンジ:中期型
内外装のデザイン変更が主となっている。エクステリアでは、フロントグリルを大型化して存在感を高めるとともに、「Type SP」系のグレードでは立体的な形状のバンパーの採用により、よりアグレッシブなスポーティーさを表現。「Type P」系のグレードや「350GT ハイブリッド」「350GT FOUR ハイブリッド」「200GT-t」では、台形のロワグリルを備えた水平基調のバンパーデザインに変更した。このほかにも、リアにはクリアタイプのLEDコンビネーションランプを採用。Type SPに新デザインの切削光輝19インチアルミホイールを採用し、Type Pではクロームカラーコートの18インチアルミホイールを標準装備とした。ボディーカラーは「インペリアルアンバー」を含む、全9色の設定となっている。一方インテリアではステアリングホイールの形状を変更。より太いステアリンググリップや小型のホーンパッド、マットクロームによる剛性感のあるスポークなどを採用した。シフトノブについても、本革、マットクローム、ピアノブラックを組み合わせたデザインに変更。上質感を追求し、インストルメントパネルにはステッチを追加している。また、メーターまわりではアナログメーターのリング照明をグレーに変更し、センタークラスターに装備されたツインディスプレイと色調を統一。オプションとして、新たに「アンビエントライトシステム」を設定した。

注)あくまで新車時や新品時の価格ですので、参考価格としてご覧下さい

音量にご注意ください(エンジン音が鳴ります)


室内【360°カメラ画像はiOS7以降のSafari、Android4.4以降のChromeブラウザで再生できます】


下回り【360°カメラ画像はiOS7以降のSafari、Android4.4以降のChromeブラウザで再生できます】

右前

右前

左前

左前

右横

右横

左横

左横

右後

右後

左横

左横

後方(滋賀ナンバー)

後方(滋賀ナンバー)

正面

正面

ヘッドライト

ヘッドライト

フォグランプ

フォグランプ

ドアミラー

ドアミラー

テールレンズ

テールレンズ

トランクリッドスポイラー

トランクリッドスポイラー

柿本改Class KR

柿本改Class KR

イルミネーション付エンブレム

イルミネーション付エンブレム

RS-Rダウンサス

RS-Rダウンサス

InterMilano VOLTEC HYPER MS-7 19インチ

InterMilano VOLTEC HYPER MS-7 19インチ

室内

室内

メーターパネル

メーターパネル

プッシュスタート

プッシュスタート

ステアリングリモコン(左)

ステアリングリモコン(左)

ステアリングリモコン(右)

ステアリングリモコン(右)

運転席脇各種スイッチ

運転席脇各種スイッチ

パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

P/Wスイッチ

P/Wスイッチ

オーバーヘッドコンソール

オーバーヘッドコンソール

ナビ操作ダイヤル、走行モード切替

ナビ操作ダイヤル、走行モード切替

シフト周り

シフト周り

マルチディスプレイ

マルチディスプレイ

NissanConnectナビゲーションシステム

NissanConnectナビゲーションシステム

バックモニター

バックモニター

BLITZスロコン

BLITZスロコン

ETC車載器

ETC車載器

アームレスト

アームレスト

アームレストコンソール

アームレストコンソール

グローブボックス

グローブボックス

後席アームレスト

後席アームレスト

後席A/C吹き出し口

後席A/C吹き出し口

運転席P/Wシート

運転席P/Wシート

運転席

運転席

運転席(背面)

運転席(背面)

運転席(座面)

運転席(座面)

助手席P/Wシート

助手席P/Wシート

助手席

助手席

助手席(背面)

助手席(背面)

助手席(座面)

助手席(座面)

右後席

右後席

右後席(背面)

右後席(背面)

右後席(座面)

右後席(座面)

左後席

左後席

左後席(背面)

左後席(背面)

左後席(座面)

左後席(座面)

左前ドア

左前ドア

右前ドア

右前ドア

左後ドア

左後ドア

右後ドア

右後ドア

トランクルーム

トランクルーム

エンジンルーム

エンジンルーム

4-4

2014年2月26日、スカイラインセダンはV37型へフルモデルチェンジが行われた。先代V36型ではV6 2.5LおよびV6 3.7L(2014年2月販売型は3.5L)の2種類のガソリンエンジンを搭載していたが、V37型では販売当初Y51型フーガハイブリッドやシーマハイブリッドと共通のVQ35HR型ガソリンエンジンとHM34型モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載するモデルのみの設定だった。同年5月28日に先代から排気量を2.0Lへダウンサイジングされたターボエンジンを搭載したモデルが新たに設定された[1]。V36型の2.5L車はV37型発売後も仕様変更を行った上で継続販売されていたが、2.0Lターボ車の登場に伴い2014年度にて生産終了となった。なお、4気筒エンジンの搭載は8代目・R32型セダンに設定されていた1.8Lモデルの「GXi」以来5世代ぶりとなる。2019年7月のマイナーチェンジでターボ車がV6 3.0Lのツインターボ仕様へ変更されている。

本モデルは日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」展開地域においてはインフィニティ・Q50として販売される。日本国内にはインフィニティブランドは展開していないため日産の販売店で販売されるが、V37型では2017年12月改良モデルまで、日産のCIではなく、輸出モデルと同様にインフィニティのCIがエンジンヘッドカバーやホイールのセンターキャップといった細部にまで装着されていた。日本向けの日産車にインフィニティのCIが装着されるのはインフィニティ・Q45以来であるが、「インフィニティ」のブランド名称は冠されず、あくまでも正式車名は「日産・スカイライン」である。しかし、各種広告において日産のCIを一切出さず「NISSAN MOTOR CORPORATION」と表記し、日産ブランドからの離脱およびインフィニティブランドへの移行をアピールした[2][3]。こういった販売手法を採った理由は、V37型スカイラインが世界基準で開発され、世界に通じる高級セダンであることをアピールするためであった[4][5]。

また、この販売手法が採られた背景には、スカイラインブランドの廃止が提案された役員会で、志賀俊之をはじめとした日本人幹部の「インフィニティQ50」の日本市場を含めた世界統一呼称への反対意見が大きく影響している。副社長のアンディ・パーマー(当時。現・アストンマーティンCEO)をはじめとした外国人役員は世界統一呼称を推し進めていたが、志賀らは「ネーミングの統一は日本市場を軽視していると取られかねない」と真っ向から反論。結果、CEO(当時)のカルロス・ゴーンは日本市場に限ってQ50の基本的な意匠を変えずにスカイラインのネーミングを踏襲することに決めた[6]。

2019年7月のビッグマイナーチェンジでフロント・リアのバッジ、ホイールのセンターキャップ、本革巻ステアリングのエンブレムが日産のCIに変更された。同時に各種広告において日産のCIを出し、日産ブランドへ復帰した。その理由は、「スカイラインが『技術の日産』の象徴である」ことを再認識し、日産ブランドの車として再定義したためである[7]。尚、Vモーションを核としたフロントマスクは日本市場専用の意匠となる。 そして今回のマイナーチェンジの目玉として、運転支援システム「プロパイロット 2.0」が搭載された。プロパイロット2.0は、高精度な3次元の地図データ、車の周囲の状況を把握するカメラやセンサーなどを連動させることで実現。ドライバーがすぐハンドルを操作できる状況において、高速道路の同一車線上での手放し運転や前方車両の追い越しが可能となっている。

2021年6月12日に日本経済新聞が「スカイラインの開発中止[8]」を報道したが、同年6月15日にて行われた新型車「ノートオーラ」の発表会にて星野朝子執行役副社長が「先週末に日本経済新聞でスカイライン開発中止と、日産の象徴、開発に幕というような記事が日経新聞で報道されておりますけれども、そのような意思決定をした事実は一切ございません。日産自動車は決してスカイラインを諦めません。ということでこの場をお借りして申し伝えておきたいと思います」と述べ公式に否定[9]、翌年9月22日に日産CIを現行CIへ更新するなどの小規模な一部仕様変更が発表され[10]、販売が継続されることとなったことで、報道そのものが完全否定される形となった。
Wikipedia

オートネットの口コミ・レビューは

カーセンサー ユーザーレビュー
CarSensor

http://www.goo-net.com

【ドレスアップ・カスタムもお任せ下さい!】
エアロ・車高調・エアサス・ガルウィング・デットニング・アーシング・LEDイルミ・HID・ボディコーティング・フィルム etc

車両情報

車両本体価格 234.8万円 年式 平成31年3月
走行距離 78,057Km 車検 令和6年3年
カラー メテオフレークブラックパール(GAG) 車台末尾番号 739
排気量 2000cc 過給器設定 有り
エンジンタイプ ガソリン 駆動方式 後輪駆動
リサイクル料 10870円 ミッション A/T
ボディタイプ セダン 乗車定員 5名
燃費 13.0km/l(JC08モード) 修復歴 無し
ドア 4ドア スライドドア 無し
法定整備 当店で請負います。
当店指定工場及び各ディーラーによる12ヶ月または24ヶ月点検を実施致します。
エンジンオイルなどの油脂類、ファンやパワーステアリングなどのベルト関係、ブレーキパッドなどの消耗品関係を中心に点検・交換を行い記録簿を発行します。
保証 保証付:
販売店保証 保証期間:6ヵ月 保証距離:5,000km
保証費用は本体価格に含まれています。詳しくはスタッフにお問い合わせください。
ディーラー保証対象車。詳しくはスタッフにお問い合わせください。

延長保証オプション:納車されてからも安心をお届けします
GOO保証 全国約5000ヶ所提携工場 上限車体金額まで
2年保証 保証料:37,000円 距離無制限 410項目
3年保証 保証料:50,000円 距離無制限 410項目
オークネット保証 全国約9000ヶ所提携工場 上限なし
ベーシック2年保証 保証料:40,680円 距離無制限 100項目
プレミアム2年保証 保証料:50,880円 距離無制限 140項目
走行距離、修理回数も無制限、保証項目であれば免責金額もなし。
ロードサービス付で旅先でも安心な有料延長保証をご用意致しております。
各保証会社によって特徴がございますので、詳しくはスタッフにお問い合わせください。
備考 マニュアルモード付き、タイミングチェーンエンジン、ドアミラーウインカー、フロントモニター、サイドモニター、バックモニター、クリアランスソナー、クルーズコントロール、オートライト、パワーシート、プライバシーガラス

オートネット オプション見積りシステム

オプション見積りがすぐわかる!※価格は消費税・工賃を含んだものです。

車両本体価格(A)
車両本体価格 2,348,000円
オプション装備・サービス(B)
カーナビ [詳細]
フリップモニター [詳細]
ウーファー・スピーカー [詳細]
地デジチューナー [詳細]
キセノンライト [詳細]
エンジンスターター [詳細]
ETC [詳細]
世界最薄2ミリ字光式ナンバー [詳細]
下回り錆止め [詳細]
諸経費(C)
検査・登録・届出費用
車庫証明代行費用
納車費用
希望ナンバー
GOO延長保証
オークネット延長保証(ベーシックプラン)
オークネット延長保証(プレミアム)
自動車税
自動車取得税
法定費用
リサイクル費用
安心パック
月割り諸経費
車両本体価格(A) 2,348,000円
オプション装備 小計(B) 0円
諸経費 小計(C) 0円
合計見積額(A)+(B)+(C)
※税込み・各種工賃手数料込み
2,348,000円

県外のお客様は別途陸送費用がかかります。
詳細は当店スタッフまでお問い合わせ下さい。


お電話、またはメールにてお問い合わせください。

カテゴリー